Business Card Site

近年では、インターネット上で検索しても会社のホームページが出てこないのは、情報社会においてビジネスをする資格は無いとまで言われるようになりました。

しかしスタートアップの新規事業などはまだまだホームページに高いコストをかける余裕がないのも現実的な問題です。

そのため、情報開示のために名刺の代わりに使うホームページを制作することが多いです。

事業内容、会社概要、写真などを掲載して、情報が相手に伝わり、事業として社会的に確立させ信頼を得るのです。

E-commerce Site

ネットショッピング、身近で無くてはならない存在となりました。Amazon・楽天・ヤフーショッピングなど実際に利用しなくても毎日のように目に耳にしています。

それだけではなく売り手としても大変身近な存在になったことを意味します。誰でも簡単に自分のネットショップを始めることができる環境は日本にあります。

EC-Cube、WordPressでもECサイトを構築することができます。クレジット決済機能も0円で導入することができるので、売るものさえあれば、低コストで小さく少ないリスクで始められます。              

Recruit Website

求人情報を掲載することで、会社が求める人材・会社に魅力を感じた人材を確保できるようになります。

掲載する情報に限りがある求人ポータルサイトは伝えきれない会社の魅力を、全面に押すことが強みです。

何より年間を通して採用活動を行うことができます。また、こちらのほうは会社に興味を持ち進んでが応募してくるので、モチベーションの高い人材である可能性が高いです。

Corporate Website

コーポレートサイトは企業が情報を公開するためのウェブサイト、いわゆる看板です。

情報開示で信頼性を高めることができる、逆に言えばあらゆる情報がネットで入手する時代に調べても何も出てこないのなら、ダメージが大きいです。

質の良いデザインやコンテンツを提供することで商品・サービスの信頼性を高め、最終的にビジネスチャンスにつながるのです。