イメージしやすいようにちょっと露骨な例えをします。あくまで1側面なので、厳密には細かい違いがたくさんあるので、誤解がようにお願いします。

マーケティング = 罠を仕掛ける

つまり、ニーズをリサーチして、需要に答える。人々のほしいものを形にして誘惑する。主に商品やサービスそのものの良さで勝負する。Appleが正に!

営業 = 狩りに行く

武器(見せ方、話術、、、)を用いて狙い撃ちする。商品やサービスが他社とほぼ差がない場合に有効です。これは市場の90%以上の会社が当てはまる。

※例えですので、本質は全く違います。