お見積もり、ご契約

お問い合わせしていただく際、ご希望、ご予算やプランの選択など必要事項をお聞かせください。 お見積もりを希望される場合はご用意できる材料、ホームページに対する詳しい要望などさらに少し詳細な情報をお願いすることがあります。お見積もり、制作内容とご予算の調整を行いまして、ご契約をしていただいております。

ご契約の際、制作費の30%~50%を着手金としてお支払いしていただきます。(原則として着手金は返金できかねます。)
契約書、請求書、領収書などが必要な場合は迅速にご対応させていただきますので、気軽にお申し付けください。

 

資料の準備、ヒアリング

制作に際して基本的にはお客様がご用意した資料、素材、コンテンツ、構想などを基にプランニングしていきます。オリジナル制作プランなど必要に応じてはさらにヒアリングを行います。単なるホームページそのものに対するご要望にとどまらず、現在お客様のビジネスは業界におけるポジション、顕在のライバルやなり得るライバル、現状維持なのかもっと伸ばすのかお客様のゴールを勉強させていただきます。

この工程は基礎であり、出発点であるため大事な一歩です。データの受け渡しに関しましてはメール、クラウドサービスなどで利用して行っております。

 

プランニング

これまでのお客様からいただいた情報に加え、お客様のビジネスの業界の情勢・特徴を調査・学習します。他社との差別化やSEOの観点からの重要ポイントを押さえつつ、戦略的にこれらの情報を基に全体の構成を企画していきます。

具体的には「どういうデザインか」「どういう色合いか」「ページ数」「各ページの内容」「PC重視かスマホ重視か」「シンプルにするかボリューミーにするか」などを決めていきます。

実際、制作作業をしているうちに変更することも十分にあり得るので、この段階で決定したことは飽くまで大枠組みや方向性です。しかし、かと言って無くてなならない工程です。

 

デザイン・制作

本番の制作作業に入ります。まずはテーマを決めます。膨大な数の中から選んでいきますので、テスト済みのテーマならばスムーズに進めて行けますが、そうでない場合はかなりの労力と時間を要することになります。

テーマは基本的な枠組みしか用意されていないので、プランニングで決定した案に沿って、ページのレイアウトから盛り込むコンテンツを制作して落とし込みます。

制作途中でご相談させていただくこともございますので、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

 

確認・納品(公開)

完成したWEBサイトをパスワードのかかった状態あるいは、臨時のURLでご確認していただきます。この段階ではテーマやデザインの変更はできませんが、コンテンツ(文章・画像)の差し替えは基本的に対応可能です。誤字脱字、バグなどはないかもチェックしていきます。

特にECサイトの場合は一定の”試運転の期間”が必要な場合がございますので、その間、制作時に思いがけなかった問題やお客様が「やっぱりこうしてほしい。」「こんなことができますか?」などのご要望が生じましたら、その調整を行います。

これらの工程を経って残金の支払いをいただいた後、いよいよ公開です。しかしこれで終わりではありません。

 

運営・サポート

公開後は終わりではなくスタートです。これからの運営を行っていきます。WEBサイトが強力な戦力になってもらうためには、コンテンツを更新して、どんどん充実させていく必要があります。WordPressなどCMSで制作されたサイトは自らでも十分運営が可能ですので、忍耐強く育てていきましょう。

弊社が代わりに大掛かりな修正や新機能の追加などは別途費用が発生しますが、制作時の入力ミスは弊社が責任を持って無料にて迅速にご対応させていただきますので、ご安心ください。

CMSの操作方法や運営上の疑問(ドメイン、サーバ関連など)にお答えするためには有料サポートに入っていただく必要がございます。