近年では、インターネット上で検索しても会社のホームページが出てこないのは、情報社会においてビジネスをする資格は無いとまで言われるようになりました。

しかしスタートアップの新規事業などはまだまだホームページに高いコストをかける余裕がないのも現実的な問題です。

そのため、情報開示のために名刺の代わりに使うホームページを制作することが多いです。

事業内容、会社概要、写真などを掲載して、情報が相手に伝わり、事業として社会的に確立させ信頼を得るのです。